アーチェリー協会 沿革 

スマートフォンやタブレット端末で表示する場合は、文字がズレて表示される場合がございます。ご了承ください。

1965年

 

 

1966年

 

 

1967年1970年 1971年

 

1972年1975年 1977年 1978年 1979年 1985年

 

1986年

 

 

 

 

 

1989年

1990年

1993年

1994年

1995年

1996年1997年 2001年 2003年 2007年 2010年

 

 

昭和40年 

 

昭和41年

 

 

昭和42年 昭和45年 昭和46年

 

昭和47年 昭和50年 昭和52年 昭和53年 昭和54年 昭和60年

 

昭和61年

平成元年

平成2年

平成5年

平成6年

平成7年

平成8年

平成9年

平成13年

平成15年

平成19年

平成22年

 

 

6月

 

 

 

 

4月

 

8月

 

 

 

7月

 

 

4月

4月

10月

9月 7月

 

10月 8月 10月 4月

 

4月 2月 2月

日本楽器より大学・高校アーチェリー部結成の呼びかけがあり用具が寄贈される

協会設立に向け活動を始める

理事長に川村 毅氏が就任する

協会設立総会開催

理事長に北村 靖治氏、事務局長に小野本 清人氏が就任する

第1回県選手権を開催

会長に中津井 真氏を迎える

広島県体育協会に加盟

高校にアーチェリー部ができる

第1回中四国選手権を開催する

佐伯国際アーチェリーランドが開場

県ア協通信第1号を発行する

中四国学連が全日本学連に加盟する

会長に加計 慎太郎   理事長に清本 修氏が就任する

第12回全国高等学校アーチェリー選手権大会を県営総合グランド陸上競技場で開催する

清本氏の努力により八千代町の土師ダムのグランドで大会に使用できるようになる

同時に機材の整備が行われた

事務局長に河村 英治氏が就任する

会長に久保 允誉氏が就任

第31回全日本選手権を八千代で開催する。

第11回アジア大会(北京)へ視察団を送る

広島アジア大会のリハーサルとして広島インビテーショナルアーチェリートーナメントを

瀬野川運動公園で開催する

第12回広島アジア大会を瀬野川運動公園で開催する

全国高等学校総合体育大会アーチェリー競技を広島広域公園第1球技場で開催する

第51回国民体育大会アーチェリー競技を呉市郷原グランドで開催する。

理事長に荒川 延浩氏が就任する

広島県アーチェリー場が完成する

理事長に白石 博一氏が就任する

理事長に金川 真二氏 事務局長に

佐野 晋宏氏が就任する 第1回全日本ユース室内選手権大会を開催する

 

2014.2.20更新

Copyright (C) 2013 Hiroshima Archery.com All Rights Reserved.